2016年10月25日火曜日

ネットプリントで確定申告書印刷

セブンイレブンのマルチコピー機をプリンタ代わりに使えるサービス ネットプリント。

使いこなせばプリンタはなくてもほぼ印刷に困ることはなくなります。

今回は、ネットプリントで確定申告書を印刷してみます。


確定申告書は国税庁のHPの確定申告書等作成コーナーで作ることができ、作成したPDFファイルを印刷するだけなので簡単と思いきや、書類のサイズが統一されていないために、そのままではネットプリントで登録することができません。

ネットプリントの公式ページではDocuworksを使った方法が紹介されていますが、わざわざ新しいソフトを使うのも面倒なので、もっと簡単な方法でやってみます。

それは、 Microsoft XPS Document Writerを使う方法です。

ウインドウズには Microsoft XPS Document Writer という仮想プリンタが用意されているので、これを利用して印刷サイズをA4に統一します。

手順としては、まずAdobe ReaderなどでPDFファイルを開き、プリンタを Microsoft XPS Document Writer を選択して印刷します。

その際、用紙サイズはA4を選び、詳細設定の「画像として印刷」は無効にします(有効だとファイルサイズが大きくなります)。


ちなみに、ネットプリントよりもUSBメモリから印刷する文書プリントのほうが1枚10円と安いです。なのでネットプリントを使うメリットがあるとすると、USBメモリが不要なこと(そのかわり番号を控える必要があります)くらいでしょうか。

0 コメント:

コメントを投稿